そーせい

株式投資

そーせいGの人気で注目!バイオベンチャー株は買いなの?

更新日:

今年はバイオベンチャー株が人気ですね。

東証マザーズに上場しているそーせいグループをはじめ、アキュセラも急騰して多くの利益を上げた人も多いはず。

バイオベンチャー株は大きく3種類分けることができるんですよ。

私はバイオベンチャー株が好きなんです。やっぱり夢がありますよね。夢で投資はしちゃいけないんだけど。今日は、その3種類を備忘録的に残しておきます。

「薬を作る」ハイリスクハイリターン!

薬は上市されるまでに時間がかかりますが、販売されヒットされれば一番でかいリターンを得ることができる分野ですね。

今回、そーせい(4565)はまさにこのタイプ。アルツハイマー病に関する薬を手掛けていて、昨年買収し子会社化したヘタプレス社がめちゃくちゃすごいんです。バイオベンチャーとは思えないですが、今期の業績は130億円の黒字予想。

赤字会社が多いバイオベンチャーのなかで、異彩を放っていますね。

  • そーせい
  • アキュセラ
  • アンジェス
  • OTS
  • J-TEC
  • サンバイオ
  • ヘリオス
  • グリーンペプタイド
  • ジーエヌアイ

などがこのグループ。個人的には、IPO関連でJ-TECは期待したいです。でも、投資するならやっぱりそーせいにしたいですね。

創薬技術を提供!

医薬品の候補物質を作った技術をライセンスとして供与するのが、創薬技術を提供するグループ。薬を作る治験へのかかわりが少ない。

私も上場した年から保有していますが、ペプチドドリームがこのグループになりますね。ペプチドドリームは、特殊ペプチドを作る技術を持っている会社で黒字の会社です。平成29年には、川崎市の臨海部に進出する予定。ますます期待している。

ペプチドは国内外に16社と契約を締結しており、今後も増える見込み。増えれば増えるほど、リターンも出てきます。

  • ペプチドドリーム
  • カルナバイオ
  • カイオム

などがこの創薬技術を提供するグループに位置します。

創薬を支援する

研究用の試薬などサービスを提供して稼ぐ企業。収益性は高くないものの、安定しているのが特徴。今回の決算でもしっかりと黒字であったタカラバイオなどがそれにあたる。

  • タカラバイオ
  • ユーグレナ
  • リプロセル
  • 3DM

などですね。

バイオ株は値動きも激しいので注意

あたれば、そーせいのように2倍以上に値上がりする可能性が高いのもバイオベンチャー株ですが、アキュセラのように実験が失敗に終わると株価は失望売りとして急落することもあるので注意が必要ですね。

アキュセラは6日連続ストップ安とかなっていましたから。

ただ、この分野への投資はやっておきたいと思っている。私はペプチドドリームが好きなので、何度か売ってはいるが基本的にずっと保有している。

そーせいにも投資をしたいが、まずは、ペプチドドリームに集中させたい。

テーマ株で物色するのも株式投資としておもしろいですね。

ではでは。

こんな記事も読まれています

-株式投資

Copyright© フクログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.