ポケモンGO

株式投資

任天堂関連銘柄。軒並み上がってすごすぎる

更新日:

 

任天堂がすごすぎますね。連日で、売買高は日本記録を樹立しています。ここまで買われるとはだれが予想したでしょうか。

人気のポケモンGOは、持ち分法適用会社のポケモンとグーグル社から独立したナイアンティックとの共同配信のため、任天堂への業績貢献は不透明です。一節によると、200億円程度と言われています。前期の純利益が170億円程度なので大きいことは大きいですが、びっくりするほどではありませんね。

任天堂株は3万円を超えて、100株で300万円以上用意する必要があります。個人ではかなり難しい金額ではないでしょうか。

そこで、任天堂株の関連銘柄を調べてみました。

任天堂関連銘柄

任天堂関連銘柄のサノヤスホールディングス(7022)

大阪府吹田市にオープンしたエキスポシティにある「ポケモンEXPOジム」の運営を子会社がしているのが買い材料。そういえば、エキスポシティを訪れたときにありました。あんまり人は入ってなかったように記憶していますが、ポケモンGOでポケモン人気はふたたび過熱していますね。

ディー・エヌ・エー(2432)

スマホゲームで連携していますね。資本連携もしており、任天堂株の大株主でもあります。

京都銀行(8369)

京都銀行も任天堂の大株主。4%以上保有しています。任天堂の時価総額は4兆円を超えており、含み益もかなり大きくなっているんではないでしょうか。

タカラトミー(7867)

ポケモングッズを販売している同社は、ポケモン人気の再燃でグッズ販売が増えると予想されています。老舗企業ですし、買うのは安心できますね。

モバイルファクトリー(3912)

任天堂関連株というより、ポケモンGOと同じ位置情報ゲームを手掛けているので、連想買いされています。個人的には、ポケモンGOがすごすぎたらほかのゲームしないんじゃない?って思うんですがどうなんでしょう。

個人的には注目していて財務諸表を見ても、かなり優良株です。

フリービット(3843)

ポケモンGOが1年間無料となる通信サービスを提供予定。

ハピネツト(7522)

ポケモンGO PLUSによる売り上げ増が期待されている企業。老舗ですし、財務も良しです。

流れに乗りたいけどもう遅い?

ガンホーやミクシィが1年近く上がり続けたことを思えば、今はまだ出足。まだチャンスはあるのかなぁと思いつつ、冷静に眺めている状況。

群集心理に乗っかると敗戦しがちです。

ほかにもありますが、任天堂株と関連銘柄。まだまだ注目していきます。

では。

 

 

こんな記事も読まれています

-株式投資

Copyright© フクログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.